過払い金の発生と返還請求について

subpage01

過払い金とは、簡単に言うと、払い過ぎた無効な利息のことです。

ニコスの過払い金についての情報はこちらです。

払い過ぎた無効な利息のことを、俗にグレーゾーン金利といいます。
グレーゾーン金利発生のカラクリは、出資法と利息制限法の上限利息の違いにあります。


この2つの法律は、貸金業者がお金を貸す際に適用される法律です。

利息制限法の上限利息は15%から20%、出資法の場合は29.2%です。
利息制限法の上限利息を超える融資は無効で、出資法の場合には刑事罰が問われます。
この無効だけど刑事罰が問われない部分がグレーゾーン金利で、貸金業者はこれを利用して融資していたのです。



このグレーゾーン金利で長期間借り続けていると、過払い金が発生します。


過払い金は、利息制限法の利息で引き直し計算をして、発生しているかどうかが分かります。引き直し計算後の借金が、本当の借金額です。

グレーゾーン金利分は本当の借金額に充てられます。借金完済後も払い続けた部分が、過払い金です。


過払い金は取り戻すことができます。



どれだけ取り戻せるかは、交渉次第です。
債権者が全額返還に応じるわけではありません。
素人が交渉すると、低額で丸め込まれるおそれがあるので、弁護士や司法書士に依頼するとよいでしょう。

話し合いによる交渉が原則ですが、交渉がまとまらない場合には裁判で争われます。


なお、最後の取引日から10年経過した場合には、返還請求権は消滅時効にかかるので注意する必要があります。

また、貸金業者が倒産した場合も取戻しはできません。