過払い金請求で知っておきたい大切な内容とは

subpage01

払い過ぎてしまった利息を返還してもらうものに過払い金請求があります。

過払い金とは、かつて多くの消費者金融業者が貸付を行う場合に使用していた出資法による利率と、貸付で定められている利息制限法での利率との差に対して返還請求を行うことを指し、現在においてはよく耳にすることができ、弁護士や金額によっては司法書士、また個人によっても行なわれています。過払い金請求は正当な権利の行使内容となりますが、知っておくことによって利益につなげることができる内容もあり、その中の1つに時効があります。

鋭い観点からニコスの過払い金に出会えて満足です。

過払い金請求には消滅時効があり、それは、その期間が過ぎてしまった場合には権利の行使をできないことを意味します。



そのために、現在残債がある場合でも少しでも早く行うことが大切となり、特に既に支払いが完了している場合には、できるだけ早く手続きをする必要があります。



時効の期間は支払いが完了して10年と定められていますが、支払いを完了している場合、ほとんどは履歴等に関しては処分をしていることが多く、このような場合には弁護士や司法書士への依頼が最適な方法となり、また、スムースな返還請求を行うことができます。
返済中であっても、例えば小規模業者の場合などには他にも同じように請求がされていることが考えられ、支払いを行うことができずに万が一倒産などとなった場合には、請求をしてもお金が戻ることはなく、また、訴訟などを行い債務名義を持っていたとしても、それ以上の法的な対応ができなくなります。


過払い金請求では、時効に対抗するために返済期間に関しては十分に把握をしておくことが重要です。